スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船坂圭之介さんの秀歌十二選

001:おはよう
二十年ともに生き越しオウム逝く去り際に言ふ「おはやう」悲し
 一読した折、評者はうかつにも、「生き越し」を「生き来し」の変換ミスかと思ったが、ここはこれでいいのだろう。「越」は「山坂越えて」の「越」であり、高齢にして病身と推測される作者の過去二十年間にも幾多の「山坂」が聳えていた違いない。作者はそれを「オウム」と共に「生き越」えて来たのである。四句目「去り際に言ふ」を「今際に言ひし」としたらどうでしょうか。

004:塩
塩を断ち水怺へつつ運命を辿りつゆかな腎を病む身は
 縁者の出世などを祈願して行う、昔語りの「塩断ち・水断ち」はなかなかの難行苦行であったと思われるが、昨今の腎臓病患者などが行う「塩断ち・水断ち」は、それ以上の難行苦行。船坂さんのご努力を称え、病勢の緩やかならんことを祈るのみ。

007:壁
壁を這ふ蜘蛛ひとつ居り春の陽の際やかに映ゆなかに身を伏せ
 「際やかに映」える「春の陽」の「なかに身を伏せ」て「這」う「蜘蛛」は、まさに作者の分身。村上鬼城の境涯俳句と重ねて鑑賞させていただいた。

010:蝶
幕間ひのひととき啜るラーメンの絵になる今日の蝶々夫人
 「ラーメンの」の「の」は、比喩を表す格助詞であろうか。
 だとすれば、一首の意は、「幕間ひのひととき啜るラーメン」は、あまりにも美味しくて絵になるが、それと同じように、「今日の」のオペラ舞台の「蝶々夫人」は、あまりにも美しくて「絵」になる。といったところか?
 「解かったような解からないようなところが魅力」といった秀作も確かに在る。

019:豆腐
食べたきは麻婆豆腐に明太子 腎病むわれに許されぬもの
 辛味塩味は腎の敵。船坂さんよ我慢、我慢。

033:すいか
旬に未だ及ばぬすいか寧ろ佳き 水したたるをそと口に当つ
 作者は、「旬に未だ及ばぬすいか」の「水したたるをそと口に当」てただけで、食べないのである。これが「旬」の盛りの甘味の乗った「すいか」であったらどうなるか?
 だから、作者にとって、「旬に未だ及ばぬすいか」の方が「寧ろ佳き」なのである。

034:岡
一介の御用歌人と成り果つる岡井隆の髭の寂しき
 言い難いことをよくぞ言った下さった。詠み難い主題をよくぞ詠んで下さった。
 あの方ならともかく、この方の「歌会始め」の選者姿は目も当てられない。

036:船
卵黄のあはれ黄なるを崩されて夕餉乏しき二等船室
 卵黄のあはれ黄なるを崩されて夕餉寂しき船坂圭之介    FOXY

048:凧(船坂圭之介)
乾きゆく雲、風、心垂直に墜つる小さき凧(いかのぼり)一つ
 「小さき凧」は、「乾」いても満たされない作者の「心」即ち「願望」か。その願望が「垂直に墜つる」のである。

053:キヨスク
キヨスクの弁当開く博多行最終列車の最後尾にて
 評判の駅弁ならいざ知らず、定番の「キヨスクの弁当」は美味しいはずがない。その不味い「キヨスクの弁当」を「博多行最終列車」で「開く」のである。しかも「最後尾」の座席で独り。
 俳人・村上鬼城は、小動物に託して己の境涯を詠んだが、歌人・船坂圭之介さんは、食物に託してご自身の境涯を歌われる。前掲の「塩・水・麻婆豆腐・明太子・すいか・卵黄」といい、本作の「キヨスクの弁当」といい、実に巧みだ。いや、船坂さんの場合は、「巧まずして」の秀作である。

073:寄
打ち寄する月の出潮や手招きをすれば静かに足元へ来る
 夕潮が静かに作者の足元に打ち寄せるのであるが、それと一緒に、その夕潮に映っている夕月も作者の足元に静かに打ち寄せて来るのである。
 そうした微妙な動きのある光景を、作者は、三句目から四句目への句跨りの語句「手招きをすれば」 を巧みに用いて詠んだ。

100:おやすみ
おやすみとつい声掛けて亡妻の居ぬ空間を見詰むしばらく
 「001:おはよう」の「オウム」とこの作品の「亡妻」の照応が見事。「首尾一貫」とは、船坂さんの「題詠2008」の百首の謂いか。











スポンサーサイト

「題詠2008」投稿歌(改訂版)

001:おはよう
「おはよう」を「オハ!」でとどめる美莉ちゃんが夜はバイトで「いらっしゃいませ、こんばんは」
002:次
次々に走り過ぎ行く軽トラの運転する人みな高齢者
003理由:
「理由」と書き「わけ」と読ませた作詞家は銀座のクラブ<姫>のママさん
004:塩
「汝らは地の塩なり」と言う勿れ 地に塩満てば麦は芽生えず
005:放
放伐が放伐を呼びし古代史にはつか明るし五帝禅譲
006:ドラマ
花時計半世紀分逆回転させた気分ね韓流ドラマ
007:壁
『人間の壁』[ベルリンの壁]『バカの壁』 嗚呼色褪せし壁・壁・壁よ
008:守
守備的ミッドフィルダーなんて鈍臭い もっと上がってバカスカ撃てよ
009会話:
[英会話学校・駅前留学]の看板撤去され 跡に落書き「さはしクタバレ」
010:蝶
『台湾産・蝶類圖鑑』の奥付に見出でし妻の外祖父の御名(みな)
011:除
過ぎし春の除目(じもく)に夫(つま)の名の漏れて綴る他なき更科日記
012:ダイヤ
地震(ない)揺りてダイヤグラムの乱るればイーハトーブに辿り着けない
013:優
優駿馬・チョーペガサスの脚ならばほんの5秒で着くはずの星
014:泉
尋(と)め行きて喉癒やす日もあらむやな小野小町の化粧(けは)ひし泉
015:アジア:
枯れ易きアジアンタムの恋も好し細葉揺すりてブルーに染めむ
016:%
確率は「%」で言え イチローの打率は目下(もっか)29%
017:頭
まこともて見慣れし図柄に候へど、社長頭(づ)を垂るいつもの茶番
018:集
物集高量(もづめたかかず)とふ碩学の物ならぬ言の葉集めに百余歳を賭く
019:豆腐
最寄り駅迄半刻(はんとき)豆腐屋まで二丁 合併成って今日から市民
020:鳩
ご芳志の鳩屋サブレーもう結構 今年はワインかチョコを送って
021:サッカー
僕は部活でサッカー(soccer)母はパートでサッカー(sacker) スペルが少し異なるだけさ
022:低
あのフクダヤスオちゃんなら言いそうな 「暮らしは低く、理想は高く」
023:用紙
画用紙を更に一枚継ぎ足して亜子は書きたり歩行者天国(ほこてん)の絵を
024:岸
吉田退(の)き鳩山・石橋・岸・池田その余の有象無象は知らず
025:あられ
霰(あられ)雹(ひょう)霙(みぞれ)靄(もや)霓(にじ)霆(いかずち)とルビ打ちゲーム興味尽きなし
026:基
密謀の噂絶えなき基隆(きーるん)の夜毎夜毎の月赤かりき
027:消毒
DDT消毒の粉に咽びし我らなれコバルト照射の洗礼苦(にが)し
028:供
甘葛(あまづら)を供御(くご)に召されて歳(とし)経れば貴腹(きばら)宮腹皓歯形無し
029:杖
錫杖は出羽の銅製(あかがね) いざ急げ鎌倉殿の御首(おんくび)召さむ
030:湯気
湯気立ちて鰻蒸す香のする辺り 白衣姿のひそひそ話
031:忍
忍々(にんにん)と退(ひ)いてばかりは居られない ハットリくんよ再度出番だ
032:ルージュ
あの夏のルージュの色はもう褪せた いま独り聴くペドロアンドカプリシャス
033すいか:
夏だから<すいか腹>ってこともある 永田町駅の自動改札機故障
034:岡
この岡に児童数千余の校舎ありき 今は茫茫草(くさ)生(む)すばかり
035:過去
過去に泣く女 未来を夢見る男 現在はアナクロニズム
036:船
『塞翁が馬』の語りし<喩>の在りてニート時代の『蟹工船』ブーム
037:V
倫敦の夜空を翔けしV2号 其の前兆に沙翁失神
038:有
小夜更けの夢に顕(た)ち来て啜り泣く 何を今さら岡田有希子が
039:王子
「玉子(たまご)なら卵と書けばと思ったが、おっと失礼、王子(おうじ)であった。」
040:,粘
老人性粘着症候群患者の御仁(ごじん)ならサミット過ぎても辞めないだろう
041:存在
『存在と無』なんか読むから嫌われる。同じことなら『蟹工船』ね。
042:鱗
別れても一度は愛したキミだから鱗(うろこ)のことは誰にも言わぬ
043:宝くじ
「takarakuji」-<漢字変換>-「宝くじ」。「籤」は常用漢字にあらず。
044:鈴
畠山鈴香のことなど忘れたわ。事態はもっと深刻じゃない!
045:楽譜
楽譜(スコア)にはamarevole(アマレーヴォレ)と書いてないもっと楽しく弾いたらどうだ
046:設
欅国営巣圏立燕村藁屑製巣設営事務所(けやきこくえいそうけんりつばめむらわらくずせいすせつえいじむしょ)
047:ひまわり
<ひまわり>は熟女専用喫茶室 BGMはいつもボサノバ
048:凧
龍凧は<dragon kite> 孤児のオランダお稲がいつも揚げてた
049:礼
礼に明け礼に暮れたる寄宿舎の隅で覚えたマリファナ吸引
050:確率
ご夫君は『確率論』の著者K氏 彼女は目下競馬に夢中
051:熊
熊(くま)は<れっか>、態(たい)は<こころ>だ、部首を見ろ。能(のう)に灬(れっか)は、熊(くま)という字だ。
052:考
考える間もなく場面が変わるから<かわぐちかいじ>は読む気がしない
053:キヨスク
「キヨスクがまだ在ったのよ!」「五反田の駅で見たのよ!」「ウソじゃないわよ!」
054:笛
笛吹けどスタッフ踊らぬ増添の泡(あぶく)ぶくぶく社保庁地獄
055:乾燥
作り立ての乾燥芋は美味いから瑛太(えいた)干したの、今が食べ頃
056:悩
悩殺は脳死と違う 脳死より悠里のボインで悩殺されたい
057:ハジャマ
パジャマがね邪魔でなかなか眠れないパジャマ脱ぎ捨てフル珍で寝よう
058:帽
あの夏の麦藁帽もさりながら松田優作帰って来ない
059:ごはん
テレビから「ごはんですよ」と<のり平>が呼んでた頃を昭和と思う
060:郎
安部次郎、その妻・信子と宿帳に仮名記せし時の昂ぶり
061:@
ひらがなや漢字は歌に詠むものの<@(アットマーク)>の歌は詠めない
062:浅
北朝鮮産浅蜊の剥き身入り<深川鍋>とは変な江戸前
063:スリッパ
新婚はスリッパにまで名を記し時には相手を足蹴にしてる
064:可憐
純情も可憐も所詮偽りでノラ猫ミミは金魚泥棒
065:眩
眩(くるめ)きて鉄郎が目を逸らす間に冥王星は氷結し果てぬ
066:ひとりごと
「ひとりごというたらあかんいいたくばわしにはなせ」とおかんがいうた
067:葱
葱買(こ)ふて帰る与作の懐に鴨が飛び入り<鴨葱>となる
068:踊
舞踊(ダンス)にはもう飽きたからドレス脱ぎ元の芸妓(げいこ)に戻って泣こう
069:呼吸
樹々(きぎ)はみな根張りのままに雪消(ゆきげ)して春陽(はるび)浴びつつ呼吸(いき)吐く如し
070:籍
入籍は6月にせむ 君と僕 <いちご白書>のやうだねふたり
071:メール
写メールで剥き身卵を送ったの。湯気の立つうち食べて下さい。
072:緑
そのかみの緑魔子とも似た子にて恨みがましき顔が可愛い
073:寄
「寄付して」を「キス」と間違え吸いついて「きゃー」と逃げられ 秋葉原にて
074:銀行
銀行はスルガ銀行 定期などするが銀行ティッシュも呉れぬ
075:糧
「<食糧>は例えば<お米>、<食料>は例えば<お寿司>」間違えちゃ駄目
076:ジャンプ
105円傘をジャンプさせさっと私にさしかけてくるあなたの優しさ
077:横
横浜の波止場で捕れたネコでして餌が悪いと直ぐに噛み付く
078:合図
攻撃(オフェンス)の合図は決めた QBがチンに触れたらショットガンだぜ
079:児
寝ざる児(こ)に昔語りの限(き)りのなや<寿限無寿限無>を八度(やたび)語りき
080:Lサイズ
象の耳にサイズの違ひのなほ在りて <超Lサイズ>は地球を包む
081:嵐
嵐寛(あらかん)が片眼瞑って捕吏を斬る捕吏の一人が僕の父だよ
082:研
刃(やいば)研ぎ地鶏捌くに余念無き父の背寂し 冬がまた来る
083:名古屋
いけ好かぬ物の例(ためし)と数ふれば名古屋城(嬢)・味噌カツ・外郎
084:球
球鬼いま甦り来て沢村のバッタハッタと虎を撫で斬り
085:うがい
風邪ひかぬ秘訣は<うがい> 売薬やサプリメントや注射は無用
086:恵
「恵存」と扉に書きし歌集なり 105円棚に曝して久し
087:天使
この国に天子は坐(ま)せど天使居ず 冬は粉雪舞ひ散るばかり
088:錯
ご存知の<錯乱坊>またの名<チェリー> 『うる星やつら』でトラブルメーカー
089:減
減俸で済むと思うな社保庁は総員懲戒免職覚悟
090:メダル
田村でも谷でもママでも北京でも金なら偉いがメダル齧るな
091:渇
『喝采』の<喝>にあらねど<渇>覚え幾年経しも<ちあきなおみ>ず
092:生い立ち
「木の又で生れ拾はれ町に来て………」ぽつりぽつりと語る生い立ち
093:周
繁蔵とたきゑ夫婦の三男で藤沢周平(本名・留治)
094:沈黙
<沈黙>と刻みしのみの墓標にて胡麻の花散り風吹くばかり
095:しっぽ
人間にしっぽがありし頃なれば女(め)男(を)が尻尾を絡めて交尾
096:複
復縁も時の氏神在ればこそ特に複雑ではありません
097:訴
不定愁訴も訴訟の類なれば犯人探しが特に大切
098:
<地価暴落>を<地下暴落>と勘違い「みんな無事か」と℡(でんわ)しちゃった
099:勇
我輩の名前は勇吉 頃日(けいじつ)は字面(ぢづら)厭ひて遊奇痴(いうきち)と称す
100:おやすみ
「皆々様、おやすみなさい」とトラバして「題詠百首」のブログを閉ぢぬ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。