スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「題詠2008」夏実麦太朗氏投稿の歌十二選

004:塩
古の塩の道とふ国道に融雪塩を大量に撒く
 かつては命を繋ぐ尊い食料であつた「塩」が、今は、わざわざ莫大な経費を掛けてまで、むざむざ路上に捨てられることの皮肉。

007:壁
どうしても破れぬ壁は登ったり下を掘ったりする手もあるさ
 外国映画の破獄シーンを思い出しながら読んだが、この場合の「壁」は人生の途上で遭遇する、さまざまな困難を指すのであろうか。

013:優
嬉しさを悟られぬよう下を向き準優勝の盾を授かる
 「麦太朗作百首」中の最高傑作と言うに止まらず、お題「013:優」投稿歌中の最高傑作と言うに足る。この一首を以て、歌人・夏実麦太朗の名は永遠に記憶されるだろう。

022:低
低すぎる空を突き抜けて伸びよ竹の子とがったままで
 「低すぎる空」は「竹の子」の伸び盛りの季節をよく表現しているに止まらず、「とがったままで」生きている若者に感じられる「世間」をも言い表している。
  とんがったままで生きてていいのかい? いいならやがて空を破るぞ!    FOXY

028:供
仏壇に供えたキュウリの馬に乗り黄泉の入り口ツアーもいいね
 お盆の閼伽棚に「胡瓜で作った馬」を供えるのは、古来からの習俗。麦太朗氏の着眼点なかなか宜し。

042:鱗
言いたくても言い返せないもどかしさ逆さ鱗の一つも欲しい
 「逆鱗に触れる」というやつですな。龍ならぬ人間の首筋から、その逆鱗が退化してから久しい。

047:ひまわり
びっしりと種を抱えたひまわりは諦めたように頭を垂れる
 「びっしりと種を抱えたひまわり」は、子持ち女の象徴のようだ。 或はまた、「種」は「悩みの種」か?

054:笛
鼓笛隊ずらり並んだ縦笛はその他大勢うちの子もいる
 小学校で、普段存在感の薄い音楽専科教師が、俄然張り切るのは運動会や発表会の季節。
鼓笛隊の指揮者や鉄琴奏者などの大役は、かつては、議員やPTA会長などの子供がやるものと決まっていた? 私の知人の音楽教師の家では、この時節になると付け届けの父兄の往来が絶えず、「門前市を成す」盛況だったとか?

071:メール
念のためメールアドレス書いた紙いつも持ってる念のためって?
 これぞまさしく<ケイタイ短歌>。「念のためって?」が利いてる。
     「念のためメールアドレス覚えてて!」「覚えてるけど、念のためって?」     FOXY

074:銀行
銀行に涼を求めて立ち寄りて中国ファンドに興味ある振
  都市銀にティッシュ取るため立ち寄って外貨預金に興味あるふり    FOXY

086:恵
パソコンが遅いだ何だと文句言い恵まれている今日が過ぎゆく
 飽食の民、衣食住足りて、なお礼節足りず、文句たらたら。身につまされますな。

098:地下
清々と涼風を呼ぶ竹林は地下の支配を企んでいる
 そんな奴はどこにもいるもんです。涼しい顔してね………。
スポンサーサイト

comment

Secret

ありがとうございます

こんばんは

歌を選んでいただいた上に、気の利いたコメントまで付けていただきまして、ありがとうございます。

励みになるし、自分の歌を見つめなおす良い機会になります。

うれしいなぁ~。\(^o^)/

麦太朗
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。